市民活動センター・事務局ニュース

ヘッドライン


刈谷市民ボランティア活動支援センター
  最終更新日  
要旨 刈谷市民のみなさんの活動を支援する拠点施設です。
ウェブマスター NPO愛知ネット
カテゴリ  
作成  
言語 ja
あったかハートまつりでボランティア啓発
公開:
要旨: 2017年6月4日(日)10:00〜15:30第12回あったかハートまつりにブース出展しました。精神科の病院が市民に開けた病院になりたいと始まったイベントです。かりや夢ファンドの募金活動、歴史文化伝承のための刈谷市キャラクター「かつなりくん」が登場して、ボランティアの啓発活動を行いました。募金者は450名、募金額は8,344円でした。
刈谷城歴史ウォークを開催!
公開:
要旨: 2017年5月18日(木)13:00〜16:45第74回車座集会「刈谷城歴史ウォーク 刈谷と東浦をむすぶ於大ゆかりの歴史探訪」を開催しました。刈谷城跡・椎の木屋敷跡・郷土資料館・十朋亭を見学しました。刈谷では「刈谷ふるさとガイドボランティアの会」さんに解説していただきました。東浦町では「東浦ふるさとガイド協会」さんの案内のもと、乾坤院・於大公園・緒川城址を見学しました。晴天に恵まれ、外は暑い日ではありましたが、参加した26名の方々から、「於大の方を通して刈谷と東浦の繋がりが良くわかりました」「ガイドさんの説明がとてもわかりやすかった」「とても勉強になりました」などのお言葉をいただきました。
スキルアップ講座開催
公開:
要旨: 2017年5月12日(金)13時30分〜15時15分第81回スキルアップ講座「認知症サポーター養成講座」を開催しました。講師は、刈谷市から派遣のキャラバンメイトで、市内の病院に勤務されている大羽啓允さんでした。高齢者社会に突入し、増える認知症の方を地域で支え合い、助け合うために認知症への理解を学びました。参加者30名は「認知症サポーター」としてこれから地域で何かお手伝いができたらという思いを胸に、オレンジリングを受け取りました。
車座集会を開催
公開:
要旨: 2017年4月21日(金)18時30分〜20時15分第73回車座集会「困った時はお互いさま」の心で誰もが活躍できる まちづくりに挑戦を開催しました。ゲストスピーカーに認定NPO法人「絆」代表理事山?紀恵子さんをお迎えし、山?さんが福祉の世界に入った(はまった)きっかけや、“絆”の理念のお話を伺いました。参加者は35名、山?さんから伺った、たくさんのキーワードから、みなさんも活動のヒントを頂けたのではないでしょうか。柔らかい雰囲気の山?さんのお話と、センター特製ぜんざいで、ほっこりとした車座になりました。
2017年もひまわりの輪を咲かせましょう
公開:
要旨: 2012年、東北で咲いたひまわりの種を頂き、刈谷の地で花を咲かせました。被災地を忘れないという思いで今年も‘咲かそうひまわりプロジェクト’を開催します。ひまわりを育てて、その成長記録を紹介してください。(種はセンターで配布しています)
まなぼうさいを開催
公開:
要旨: かりや3.11を忘れないイベントの第2部として、第80回スキルアップ講座「まなぼうさい(学防災)」を開催しました。一般参加者、ボランティアさんを含め220名でセンターに入りきらないほどでした。竹燈りの点灯、黙とうから始まり、刈谷市赤十字奉仕団さんの炊出しによる、すいとんとアルファ化米のおにぎりのふるまいでした。また、刈谷市内外の防災ボランティア団体さんが趣向を凝らした内容で、参加者は、スタンプラリー形式で各ブースを回りました。最後は東北復興応援ソング「花は咲く」を合唱し、「まなぼうさい」を終了しました。以下は、今回のまなぼうさいに参加していただいた団体さんです。(順不同、敬称略)・刈谷アレルギー児の会・刈谷市赤十字奉仕団・刈谷市ボランティア連絡協議会・刈谷TS自主防災活動・刈谷防災ボランティア・熊・竹燈りの会・特非)コミュニティサポーターほっぷ・3.11を忘れないT&K・?デンソーセールス・?ドリーム・メディカル・防災ママかきつばた・元刈谷地区自主防災会・らっこちゃん親の会
車座集会を開催
公開:
要旨:  かりや3.11を忘れないというイベントの第1部として2017年3月11日(土)10:00〜11:30まで第72回車座集会「家族みんなで楽しく防災」を開催しました。ゲストスピーカーとして名古屋市港防災センター・前名古屋大学減災連携研究センターの防災教育アドバイザーである近藤ひろ子さんをお招きしました。阪神淡路大震災、東日本大震災を教訓に家族の命を守るためにどうしたらよいか、色々な場面に遭遇した時、地震に対してどう行動するかなど家庭内における防災を分かり易く教えていただきました。 最後に防災ソング「い・つ・も」「お・か・に」を聞き、100名の参加者は防災の大切さを学びました。
車座集会を開催!
公開:
要旨: 2017年2月10日(金)18時30分〜20時15分第71回車座集会「2025年問題の到来!市民参加で刈谷の地域福祉」を開催しました。日本福祉大学学長補佐・教授である原田正樹氏をゲストスピーカーとしてお招きしました。団塊の世代が2025年に後期高齢者(75才)に達することで、介護医療など様々な問題が懸念され、この問題をどう乗り越えるか、行政・事業所だけではなく、地域全体で取り組み支え合う事が大事であると熱く語って下さいました。ふくしの意味は、ふだんの くらしの しあわせ であるという言葉が印象的でした。当日は、65名の参加があり地域福祉への関心の深さがうかがえました。
センターに最新車いす登場
公開:
要旨: 災害時や未舗装道路のでこぼこ道でも平気な引っ張る車いす、「人力車」を株式会社デンソーセールスさんより寄贈頂きました。防災訓練などで威力を試してみませんか?
センターに人力車登場
公開:
要旨: 災害時でも、でこぼこ道でも平気な車椅子「人力車