市民活動センター・事務局ニュース

ヘッドライン


刈谷市民ボランティア活動支援センター
  最終更新日  
要旨 刈谷市民のみなさんの活動を支援する拠点施設です。
ウェブマスター NPO愛知ネット
カテゴリ  
作成  
言語 ja
車座集会を開催!
公開:
要旨: 2017年2月10日(金)18時30分〜20時15分第71回車座集会「2025年問題の到来!市民参加で刈谷の地域福祉」を開催しました。日本福祉大学学長補佐・教授である原田正樹氏をゲストスピーカーとしてお招きしました。団塊の世代が2025年に後期高齢者(75才)に達することで、介護医療など様々な問題が懸念され、この問題をどう乗り越えるか、行政・事業所だけではなく、地域全体で取り組み支え合う事が大事であると熱く語って下さいました。ふくしの意味は、ふだんの くらしの しあわせ であるという言葉が印象的でした。当日は、65名の参加があり地域福祉への関心の深さがうかがえました。
センターに最新車いす登場
公開:
要旨: 災害時や未舗装道路のでこぼこ道でも平気な引っ張る車いす、「人力車」を株式会社デンソーセールスさんより寄贈頂きました。防災訓練などで威力を試してみませんか?
センターに人力車登場
公開:
要旨: 災害時でも、でこぼこ道でも平気な車椅子「人力車
謹賀新年
公開:
要旨: 新年明けましておめでとうございます。2025年問題を先取りし、助け合いのまち、支え合いのまち、住みやすい刈谷の地域福祉を目指したいと思います。相変わらぬご指導・ご協力をお願い申し上げます。
謹賀新年
公開:
要旨: 新年明けましておめでとうございます。2025年問題を先取りし、助け合いのまち、支え合いのまち、住みやすい刈谷の地域福祉を目指したいと思います。相変わらぬご指導・ご協力をお願い申し上げます。
3.11をわすれない!キャンドルの文字決定!!
公開:
要旨: 2017年の3.11の竹あかりの文字を広く市民から募集しました。2013年は「絆」、2014年は「輪」、2015年は「結」、2016年は「希」。そして今年の文字は「望」「活」「和」「集」「想」「友」の中から11月〜12月20日の期間に市民に選んでもらいました。投票数は450票で、投票結果は以下の通りでした。1位・・望 118票2位・・活 82票3位・・和 81票4位・・友 70票5位・・想 64票6位・・集 35票その結果、「望」に決まりました。皆さん、ご協力ありがとうございました。
わがまちのつむぎ場8 開催
公開:
要旨: 2016年12月4日(日)13時30分〜15時30分 団体と団体・個人が交流し、つながる場目的に、わがまちのつむぎ場を開催しました。今回は新規団体さん7団体を加え、36団体のボランティアサークル、NPO法人・企業・行政の皆さんが出展されました。コラボ事例として、「元気な泉田づくり実行委員会」と「らっこちゃん親の会」が報告していただだいたあとは交流タイムでした。参加者は200名(ボランティアさん22名、出展団体72名、一般参加者106名)で昨年の171名をうわまり大盛況でした。
スキルアップ講座開催
公開:
要旨: 2016年10月1日(土)〜30日(日)の1ケ月間、「地元で出来る海外支援」として収集ボランティアキャンペーン活動を行いました。80組の市民の方々から心温まる善意が寄せられました。寄せられた善意は、国際協力をしている団体を通じて 海外支援活動として生かされます。ご協力ありがとうございました!
ハロウィンイベント開催
公開:
要旨: 10月13日〜30日 ハロウィンイベントを開催しました交流センターに来館した子ども達にシールをはってもらって、ぼらっちくんのハロウィンバージョンを作成しました96名の親子が参加してくれました
東浦イオンで交流イベント開催
公開:
要旨: 10月30日(日)11時〜15時、東浦イオン2階ホールで、かりや衣浦つながるネットの、刈谷市、知立市、高浜市、東浦町のボランティア交流イベントを開催した。各市町が1団体づつ30分の持ち時間で活動内容を披露した。刈谷は、刈谷TS自主防災会が「3.11防災紙芝居」を披露した。またご当地キャラとして刈谷のかつなりくん、知立のちりゅっぴ、高浜のめしとりちゃん、東浦のおだいちゃんが出場し大活躍した。ラリークイズには大勢の親子が参加された。